アメリカドライブの注意点

アメリカの交通ルール

「左ハンドル右側通行」の他にも、注意すべきアメリカ特有のルールやマナーがあります。最初は戸惑うかもしれませんが、少し練習すればすぐに慣れます。下記に注意点をまとめましたので参考にしてください。
*一部地域によっては下記と若干異なっていたり、その地域独自のルールがある場合もあります。

左ハンドル右側通行

車は左ハンドル右側通行。右折や左折時、駐車場から一般道に出る時、また中央線の無い狭い道などでは特に間違いやすいので注意してください。なお、ウインカーとワイパーのレバーが日本車とは逆の位置になっているのでこれも注意です。

右の助手席に座って初めて気づくこと。

右肩の ホクロに気づきし 西日の羅府
    クリックしたい マウスも色づき☆

マイル表示

Mile(マイル)という速度単位が使われています。1マイルは約1.6km。 一般的に、街中は25から45mph(マイル/時)、一般道では35から65mph、フリーウェイでは55から75mphが制限速度です。

*注意*
上記はあくまで一般例です。地域によって制限速度は異なるので、常に標識をチェックしてください。特に州を越えて走るフリーウェイにご注意ください。同じフリーウェイでも、州が変わった途端に制限速度が変わることもあります。

キロ表示が並列される場合もある。

「1マイルは約1.6キロ」
会話が途切れた時の切り札としても覚えておこう。

黄色信号に注意!!

日本に比べて黄色の間隔がとても短く、すぐに赤に変わる地域もあります。また反対の交差点もすぐに青に変わる地域もあります。黄色信号は常に注意してください。もちろん赤は停止です!

*注意*
交通の流れをよく見て、徐行や停止を判断してください。黄色の間隔は、地域や時間帯によって大きく異なる場合もあります。慣れるまでは「十分な車間をあける」などして安全に注意してください。

黄色に注意!!

アメリカの黄信号には注意。

赤信号でも右折OKな交差点

アメリカの信号付き交差点のほとんどは、赤信号でも右折できます。ただし、必ず一時停止して歩行者や車を確認してください。なお、「NO TURN ON RED」の標識では右折不可です。その他、右折に関する標識が出ている場合もあるので、右折前に必ず確認してください。

なお赤信号右折が一切禁止されている地域も一部ありますので、ご注意ください。

この場合は右折ダメ。

「NO TURN ON RED」の標識では赤信号では右折不可!!

信号の無い交差点(4-WAY STOP, ALL WAY STP)

信号機の無い交差点では、「STOP」標識の下に「4-WAY」もしくは「ALL WAY STOP」の補助標識があります。
ここでは以下の3点に注意してください。
1 交差点に先に入った順に優先権あり。
2 どちらが先か微妙なときは右側の車が優先。
3 一方の道路に停止線が無ければ (STOPが無ければ)、そちらが優先。

すとぉぉぉっぷ!!

[ STOP標識 ]
下に“ALL WAY”の文字も確認できます。

YIELD標識

「ゆずれ」という意味の標識です。これから合流する道、つまり前方にある道を走る車に優先権があるという意味です。

心を落ち着けて前方をよく見よう

この場合、前方を走っている青い車に優先権があるため、標識の手前で徐行、もしくは停止しなければダメ。

左折用センターイエローレーン

車線中央に黄色い点線で囲まれたレーンがある場所があります。
これは以下の2通りに使われます。
1 「対向車線を横切って左側に行きたい場合」
→左にウインカーを出してこのレーンに入り、対向車線が切れるのを待って左折します。
2 「側道から大きな道に左折するとき」
→左折してこのレーンに入り、右にウインカーを出して後方の車を確認してから合流します。

夜は見にくいので注意。

黄色い点線で囲まれたレーン。夜は見にくいので注意しよう。

スクールバスに注意

 スクールバスが停車して「STOP」サインを点滅させていたら、後続車は確実に止まってください。

手を振ると子供たちが喜ぶ。

[ スクールバス ]
子供たちの夢と希望と冷たい現実を乗せて走るバス。

駐車の注意点

路上駐車の場合、赤い線がある縁石では駐車できません。「NO PARKING」の標識がある所も、そこに書かれている時間帯は駐車禁止です。
場所によってはコインパーキングを利用します。
なお、ハンディキャップ専用の所に一般車が停まると、たとえ短時間でも高額の罰金を取られるので注意です。

まちのいたるところにあります。

[ TUESDAY(火曜日)の7:30AMから9:30AMは駐車禁止、という意味。 ]
(下からのアングルにも動じない、威風堂々とした駐車禁止案内。)


1分でも停めたら高額罰金!

[ ハンディキャップ専用エリア ]
(カリフォルニアの青空にも負けない、生き生きとしたブルーカラーで勝負するオシャレな案内板。得意技は高額罰金。)


アメリカの警察官が本気で怒ります。

[ コインパーキング ]
(日本の10円玉を入れたりしたら、いろんな人に怒られることになるので絶対にやらないように。)